NEWS PRESS 2020.06.01

AMS、国内初APT社が提供するGALAXIS社製シャトル式自動倉庫「Hive」を導入

株式会社AMS(本社:東京都目黒区、代表取締役会長:村井眞一、以下「AMS」)は、資本業務提携先である株式会社シーアールイー(本社:東京都港区:代表取締役社長:亀山忠秀(3458/東証1/不動産業)、以下「CRE」)が提供する物流インフラプラットフォームによる物流現場の課題解決ソリューションを活用し、同じくCREの資本業務提携先である株式会社APT(本社:千葉県千葉市、代表取締役:井上良太、以下「APT」)が、物流テック領域で最新のハードウェア技術を有する中国のGALAXIS社と日本市場向けに共同開発を進めるシャトル式自動倉庫システム「Hive」を、AMSロジスティクス内に国内第1号として導入を開始いたしました。

将来の労働人口の減少による人手不足等に備える為、数年前からAMSの物流事業にマッチする物流什器の選定を行っておりました。
機器選定中に、物流現場における人件費や配送料の高騰が発生し、少しでも早い導入を目指していたことから、CREに相談したところ、APTの倉庫内ロボットストレージシステムの提案を受け、早期にAPTと導入に関する協議及び交渉を開始しました。その結果、国内の什器メーカーは発注から設置・稼働まで1年半から2年を要するスケジュールに対し、APTは10ヶ月というスピード感であった為、APTに選定いたしました。

本設備導入にあたって、ECフルフィルメント事業・オムニチャネルソリューション事業の基盤である物流課題(労働人口の減少による人手不足および物流費の高騰)への対応およびサービス品質の向上を目指します。
これまで、人により行われていた棚入れ・ピッキングなどを自動化することで、生産性が大幅に向上し、アパレル特有の季節変動の物流波動に対しても安定的なサービス提供を行ってまいります。

AMSは、これまでさまざまなファッションブランドのECサイトの立ち上げ・運営、ならびにECと店舗運営の両面における課題解決に向けた支援を行ってまいりました。
AMSは、今後もAPT社との戦略的パートナーシップを強化し、倉庫内でのテクノロジー活用を推し進め物流サービスの課題解決と顧客満足度および品質の継続的な向上に努め、クライアント企業さまのパートナーとして常に尽力してまいります。

【株式会社APT】
所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3 幕張テクノガーデンB棟 22F
設立:2009年8月
事業内容:物流ソフトウェア・ロボットの開発及び販売
URL:https://n-apt.com/

【株式会社AMS】
所所在地:東京都目黒区目黒1-24-12オリックス目黒ビル6F
設立:2007年7月
事業内容:統合ECフルフィルメントサービス/オムニチャネルソリューション事業
代表者:代表取締役会長 村井眞一
URL:https://www.amsinc.co.jp/

【AMSのサービス概要】
AMSでは、大規模ECサイトの要求に応えられるEC支援サービス、及びオムニチャネルソリューションの提供を行っております。基幹システム、通販業界に精通したWEBデザイン・販売戦略チーム、高品質な商品撮影・商品登録・カスタマーサポート業務などを組み合わせ、EC・オムニチャネル事業を全面的にサポートします。オペレーション/顧客満足度の向上、プロモーション強化、サプライチェーンの最適化、といった様々な経営課題解決と販売最大化を全面支援致します。
詳細はhttps://www.amsinc.co.jp/をご覧ください。

■本サービスに関するお問合せ先
株式会社AMS EC事業本部
TEL:03-6421-7212
EMAIL:info@amsinc.co.jp
※記載されている会社名、製品名などは、各社の登録商標または商標です。